6月になりました。衣替えも無事におわり、2020年前半最後の月を迎えました。

オハイオ州でも約2ヵ月の自宅待機令は段階的に解除され、少しずつ生活も開放されてきています。まだまだ油断はなりませんが、”普通の生活”のありがたみに感謝しつつ過ごしたいと思っています。

和菓子のお教室はオンラインのみです。5月もたくさんの方とオンラインで練り切りを作らせていただきました。

写真は、ヒューストンの方々と作った練り切りです。この日は、高校生のお嬢さんの母娘、私と同年代(おそらく)の方とお母さまの母娘、2組の母娘さんと楽しく練り切りを作らせていただきました。

オハイオはまだ肌寒く、長袖にカーディガンでしたが、ヒューストンはもう真夏ということで、袖なし、半袖で参加してくださり、アメリカの広さをあらためて実感しました。私は寒いのが苦手なので、ヒューストンの気候が羨ましいです。

オンラインクラス

上記のようなカメラで、練り切りを作る工程を画面に映し出して、一緒に作ります。

カラフルな、桜、菊、椿の花が咲きました。ちょうど子供の日が近かったので、作られた柏餅の写真も送っていただきました。美味しそうですね。

若かりし頃、JICAでボランティアをしていたことがあるのですが、今回の参加者のお一人は、ほぼ同時期に同じプログラムに参加されていらっしゃったというお話を伺って、それはそれは驚きでした。彼女は南米に行かれていたそうです(私は東南アジア)。そんなつながりがある方と、アメリカで、和菓子を通じて巡りあうことが出来て、ご縁って面白いなぁと思いました。このご縁に感謝です。

そんな思い出話をしながら、合計30個の練り切りの花が出来上がり、楽しい2時間のクラスが終わりました。

ご参加いただきありがとうございました。

オンラインの練り切りクラス、引き続き開催しております。詳細は下記をご覧ください。

オンラインクラス