Today’s Wagashi : Kohaku jelly-candy with Sliced Lemon
今日の和菓子:スライスレモンの琥珀糖

 

琥珀糖の作り方 レモンのシロップ漬け

オーガニックレモン 琥珀糖 憧れのレースかん

 

かねてから、一度は口にしてみたい!とあこがれている京都は大極殿本舗さんの「レースかん」のようなスライスレモンを使った琥珀糖を作りました。

 

オーガニックレモンで砂糖漬け

 

レモンは、オーガニックのレモンで作ったシロップ漬けを使って。

 

オーガニックレモン 琥珀糖 憧れのレースかん

 

①煮詰めた寒天液を、レードルで3杯(150ml)ほど流し缶へそそぎ、

②レモンの蜜漬けを5枚、そっと並べます。 そのまま固まるのを待ちます。(上の写真はこの状態です。) 水で濡らした指でそっと触ってすぐにはなれるくらいまで固まったら(これを「半どまり」といいます。)、

③そっと寒天液をレードルで3杯流し込みます。 また「半どまり」状態になったら、

④グリーンレモンの蜜漬けを4枚、そっと並べます。 再度「半どまり」状態になったら、

⑤そっと寒天液をレードルで3杯流し込みます。 そして固まったら、出来上がりです!

 

image
※出来上がりの様子

流し缶から取り出すと上下逆になります。 (流し缶の底が、上にくる)

下記のように5層になっています。

①寒天液
②レモンの蜜漬け
③寒天液
④グリーンレモン
⑤寒天液

オーガニックレモン 琥珀糖 憧れのレースかん

 

そして、これをカットして、

 

ちょっと味見をして(笑)

 

琥珀糖の作り方 レモンのシロップ漬け

 

表面を結晶化させます!! 今回は食品乾燥機で20時間。

 

琥珀糖の作り方 レモンのシロップ漬け

 

薄い結晶の膜が出来上がりました。 よーく見ると雪の結晶みたいに花が咲いているようです。

糖度の高い琥珀糖は、酸っぱいレモンとの相性はばっちりです。 さわやか~な、甘酸っぱい味になります。

通常、琥珀糖は常温で2週間程度の日持ちとなりますが、こちらはシロップ漬けの生レモンを使っているので、冷蔵庫で保存しつつ、早めにいただく予定です。

次の帰国では、大極殿本舗さんの「レースかん」をぜひいただきたいです。見た目の美しさ、ネーミングのセンスのよさ、、、一度見たら忘れられません!!

 

 

日本の伝統的な和菓子「こはくとう」を作ってみませんか?

 

 

 

琥珀糖の基本材料はこちら

 

琥珀糖のレシピに掲載されている作品はこちらの材料を使いました。

 

 

琥珀糖のまとめページ

 

琥珀糖の作り方のコツやデザイン・モチーフ・フレーバー、楽しみ方などに関するエントリーをまとめました。どうぞご参照ください。

 

Kohaku Jelly-Candy Gallery 琥珀糖ギャラリー

 


スポンサーリンク

 

 

和菓子作りの道具・材料

 

富澤商店オンラインショップでは、琥珀糖づくりに必要な材料(寒天、グラニュー糖、水あめ、シロップ糖)が揃います。お昼12時までのオーダーで当日発送、最短翌日お届けだからとっても便利です♪

↓ ↓ ↓

 


スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です