Today’s Wagashi : Autumun color Kintsuba 
今日の和菓子:秋色きんつば - 5色のお芋と小豆あんのきんつば

秋になり、芋・栗・かぼちゃの美味しい季節になりましたね。9月の和菓子教室では、秋の味覚のお芋と小豆あんで6色のきんつばを作りました。

 

秋色きんつば ホールフーズマーケット

 

ホールフーズマーケットではこんなにたくさんの種類のお芋が販売されていました。

左から、

Organic Jewel Sweet Potatoes
オーガニック ジュエル スイートポテト

Organic Japanese Sweet Potatoes
オーガニック ジャパニーズ  スイートポテト(さつまいも)

Organic Garnet Sweet Potatoes
オーガニック ガーネット スイートポテト

ジュエリーにガーネット、宝石の名前なんてオシャレですね。

 

秋色きんつば

 

そして今回はこの5種類のお芋で餡を作り、カラフルなきんつばに仕上げました。

左から、日本のサツマイモ、ガーネット、ジュエリー、紫芋、ハンナ。

サツマイモと紫芋は日本でもおなじみだと思います。ガーネットとジュエリーはとっても似ているのですが、少~しだけ色とお味も違います。少し明るい色の方がジュエリーです。一番右のハンナは色はジャガイモのような色ですが、とっても甘いお芋です。

 

秋色きんつば

 

大きくカットして水にさらしてから、蒸し器に入れて、弱火で30分ほどかけてじっくりと蒸しあげました。20分を過ぎるとあま~いかおりが…

皮を厚めにむいて、濾して、砂糖を加えて、芋あんを作りました。そして煮溶かした寒天液と芋あんを混ぜて、芋羊羹を作ります。そのまま芋羊羹としていただいても美味しいのですが、今回はきんつばなので、薄力粉と白玉粉で皮生地を作って、カットした芋羊羹に衣をつけて焼いていきました。

 

秋色きんつば

 

ホットプレートを囲んでお喋りがはずみます。これは女子会にぴったりです。きんつばパーティなんかをしても楽しそうですね。

秋色きんつば

 

出来上がったのはこちら。左上から、サツマイモ、ジュエリー、小豆、左下から紫芋、ハンナ、ガーネット。

秋色きんつば


スポンサーリンク

 

小豆は、粒あんを使いました。カラフルで美味しそうです。

 

秋色きんつば

 

衣を薄めにつけて、焼き色をつけない程度にさっと焼くのがポイントです。

 

秋色きんつば

 

あまった端っこも小さくカットして、衣をつけて焼きました。コロンとしててかわいいです。

 

秋色きんつば

 

上の写真は、お教室参加者を募集する時に使った写真です。この時は、紫芋がなかったので、ビーツで染めた白あん、ほうれん草ピューレを混ぜた白あん、芋あん、小豆あんできんつばを作りました。

 

秋色きんつば

 

きんつばは、もともとは丸く刀のつばに似ていたことから「銀つば」という名前だったそうです。それが江戸に行ってから、「銀」から「金」になったそうです。面白いですね。

 

さてさて5種類の芋あんきんつばの食べ比べは、どうだったでしょうか。また感想を聞かせてもらうのが楽しみです。

オハイオ州クリーブランドで和菓子教室を開催しています。基本的にアメリカで揃う材料で、再現しやすいように工夫をしています。プログラムはカスタマイズも可能です。今日本ではやっているかわいい練り切りや、その他の和菓子を一から作ってみたい方、日本に行かなくてもアメリカで和菓子を作ることが出来ます。オハイオで一緒に和菓子を作ってみませんか?

 

レッスン / Workshop ・Lesson:アメリカ オハイオの和菓子教室

 

アメリカでそろう和菓子の材料|アメリカで和菓子を作ろう


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です