Seioubo 西王母と抹茶ういろう

オンライン西王母&抹茶ういろうレッスン


「西王母(せいおうぼ)」とは、中国の伝説の女神様の名前。その西王母が持っているという、三千年に一度実る桃の実は不老長寿や魔除けの妙薬と言われています。そして西王母の誕生日は3月3日という伝説から、桃の節句になくてはならないのが、この桃のかたちをしたお菓子です。西王母と呼ばれるこのお菓子を「ういろう」で作ります。中は黄身あんです。

抹茶ういろうは、電子レンジで数分で出来上がる、もっちり食感が美味しい和菓子。トッピングした黒豆の蜜煮は、煮豆缶から作ることができ、味も見た目もよいアクセントに。黒豆の蜜煮や甘納豆と抹茶の香りが楽しめます。

西王母
抹茶ういろう
DSC_1801_

西王母の中あんに使う白あんも、煮豆缶を使って手作りします。濾す過程は省くので、一番簡単に出来る白あんレシピ、様々な和菓子に応用できます。

レッスンについて


【日時】

所要時間:2時間程度。
プライベートレッスン(個人・グループ)を承っております。アメリカ以外に在住の方もご参加いただけます。ご希望の日時をお知らせください。


【受講料】

プライベート(個人・グループ)レッスン:
プライベートグループ3名様以上: お一人さま$38ドル
完全プライベート個人: お一人さま$95ドル
プライベート家族: 一家族$100ドル

材料は各自ご用意をお願いいたします。


【受講料に含まれるもの】
西王母のレシピ
黄身あんのレシピ
抹茶ういろうのレシピ
黒豆(小豆)の蜜煮レシピ
アーカイブ動画(レッスン録画動画)
LINE・メールでのフォローアップ

西王母

ご用意いただきたいもの

※詳細は、お申込みいただいた後にあらためてお知らせいたします。

【材料】
上用粉・上新粉(米粉・rice flour)、もち粉、グラニュー糖、片栗粉(コーンスターチ)、水、煮豆缶(白い色の豆)、卵の黄身、抹茶、甘納豆(小豆の蜜煮)※分量詳細、代用品は追ってお知らせいたします。


【道具】
耐熱ボウル(2個)、ヘラ、ホイッパー、大さじ、濾し器(茶こし・ザル)、フードプロセッサー(ミキサー、ジューサー、ハンドブレンダー可)、鍋、電子レンジ、トレー(大皿)、容器、サランラップ、クッキングシート、木綿糸(釣り糸)


ご参加いただいた方の声

「楽しいワークショップをありがとうございました。先生の説明が、レンジ1分などの指示だけでなく、その目的を言ってくださるのが、分かりやすくてよかったです。今回は、甘納豆が簡単にできる事、白餡があんなに簡単にできる事に驚きました。水の温度と吸水の関係や、水の量の調整など、ささっと教えてくださって、これからの和菓子作りにすぐ役立ちます。先生の知識の深さに感謝です。それに、アメリカならではの和菓子作りの知識や工夫を共有してくださって、そこが本当に知りたいことろなのでさらに感謝です。桃の外郎ではなく、西王母という銘があるのが素敵。西王母のお菓子の説明をしてくださってることも、お陰でたのしみが深まります。また、楽しいワークショップを受けたいと思いました。」

「美味しくて見た目もとてもかわいらしいですね。」

「ういろうと西王母のクラス、とても勉強になりました。ういろうも西王母もとても美味しかったです!西王母やわらかくてまた練りきりとは違った感じのおいしさがありました。今日また作ります(笑)」

「直ぐ食べてしまいました。西王母はお餅の食感が柔らかく、2個食べたいのを抑えました。」

「楽しかったです。新しい和菓子を学べたのでとっても嬉しいです。西王母、お気に入りの仲間入りです。ういろうは今回はちょっと柔らかすぎたかもしれないです。また挑戦してみます。蜜煮の作り方を学べたのもとっても嬉しいです。」

お申込み・お問合せ

Eメール: info@kohakuto.com