ネットで話題「食べられる宝石」
「琥珀糖」アイディアレシピ本!

Very first recipe book !
Unique & majestic – EDIBLE JEWELRY –

琥珀糖のレシピ

琥珀糖のレシピ

English : Edible Jewelry / Kohaku Jelly – Candy

ABOUT KOHAKUTO – 琥珀糖って?

琥珀糖は煮溶かした寒天に砂糖等を加えて流し固め、切り出し、表面を乾燥させた伝統的な和菓子です。外側はシャリっと、内側はぷるっとした食感が特徴。お茶席でふるまわれたり、比較的日持ちがするので贈り物にも喜ばれています。
出来立ての琥珀糖の透明感のあるキラメキは宝石、数日かけて表面を結晶化させると、すりガラスやシーグラス、鉱石のような輝きに。この美しさと、身近な材料で手軽に作れることから、「食べられる宝石」として注目されています。

 

 

KOHAKUTO BOOM! – ブーム到来!

TwitterやInstagramで話題!
日本では昔から食べられている琥珀糖ですが、昨今TwitterやInstagramといったSNSで「食べられる宝石」として注目を集めています。毎日のように作った琥珀糖の写真がSNSにアップされ、まとめサイトや、特集も組まれています。誰でも手軽に家庭で作れること、「宝石」のような姿カタチが写真に映える、フォトジェニックであるということも一役買っているのでしょう。キラキラの琥珀糖が「和菓子」であることに驚かれる方も多いようです。

 

 

ORIGIN OF THE NAME – 琥珀糖という菓名の由来

くちなしの実で宝石の「琥珀」のような色に染めたことから、「琥珀」と呼ばれるようになりました。他にも「琥珀」「琥珀菓子」、または「艶干錦玉(つやぼしきんぎょく)」「干琥珀(かんこはく)」「磨り琥珀(すりこはく)」など、たくさんの名前があります。古くは江戸時代にも食べられていたそうです。氷のような涼し気なたたずまいの琥珀糖は、「割氷」「氷室」などとも呼ばれていますが、暑い夏に目に涼やかなお菓子をいただくことで暑さをしのぐという昔ながらの知恵を感じます。

 

 

EDIBLE JEWELRY – 食べられる宝石

出来立ての琥珀糖の透明感のあるキラメキは宝石、 数日かけて表面を結晶化させると、すりガラスやシーグラス、鉱石のような輝きに。好きな色や味をつけ、自由自在に様々な形にすることができる琥珀糖はまるで「食べられるアート」。 さまざまなモチーフを作る楽しみはもちろんのこと、飾ったり、贈ったり、絵になるから写真を撮ったり、そして食べて美味しい。幾通りもの楽しみがあります。

 

 

FUN TO MAKE – 手作りが楽しい!

基本の材料は、糸寒天と砂糖と水あめ、食用色素等。身近な材料で、ご家庭で作れます!!

①寒天を煮溶かす
②砂糖を加えて煮詰める
③容器に流しこむ(色付け、味付け)
④固める(室温でOK)
⑤切り出す・型で抜く
⑥乾燥・結晶化

お子さんと一緒に、お友達と一緒に、キラキラした「食べられる宝石 琥珀糖」を作ってみませんか?

今すぐ作りたくなるかわいいモチーフ、プレゼントするときのアイデアなど琥珀糖の楽しみ方が詰まった一冊、琥珀糖のアイディアレシピ本を出版する機会をいただきました。

 

 

Kohaku Candy  Jelly
Kohaku Candy Jelly in soda

 

\ 初の琥珀糖アイディアレシピ本 2016年7月発売 /

 「甘くてかわいい、食べられる宝石 琥珀糖のレシピ」

Sweet & Cute Edible Jewelry KOHAKUTO Recipe

杉井 ステフェス 淑子 (著) / 池田書店

 

琥珀糖のレシピ
琥珀糖のレシピ

 

「あまりの可愛さに本を抱き締めてしまいました(;o;)💕いろんなお味や成形のバリエーションも掲載されていて、あれもこれも作ってみたい!と今後の楽しみが増えました♪写真1つ1つも可愛くて待ち受けにしたいくらいです😭💕」

琥珀糖のモチーフや柄のアイデアレシピ集。すぐに使える型紙つき。カラフルでかわいい、誰かにあげたくなる琥珀糖のアイデアがたくさん!全国の書店・ネットショップで好評発売中!

 

「琥珀糖のレシピ」台湾・香港・マカオで発売

 

Kohaku Jelly-Candy Gallery 琥珀糖ギャラリー

琥珀糖のレシピ・作り方・アイディアまとめページ